時速30キロの自動車内で5G通信に成功 ガラス面に貼り付けたアンテナで電波を送受信

 

 NTTドコモ(東京都千代田区)、AGC(東京都千代田区)、エリクソン・ジャパン(東京都港区)は、自動車や鉄道の車内や建物内で安定した第5世代移動通信方式(5G)による高速通信実現に向け、28GHz帯の電波送受信が可能な「ガラス一体型5Gアンテナ」で

5G通信に成功した、と発表した。AGCによると世界初の成功という。

 28GHz帯の周波数は、第4世代移動通信方式(LTE)などで利用していた周波数帯よりも直進性が強いことから、車内や建物内では電波が弱まってしまう傾向がある。そこで電波が弱まる前に、車内や建物のガラス面に貼り付けたアンテナで電波を送受信する実験を行った。

 実験は、4月22日~5月28日、東京都墨田区周辺の市街地で、時速約30キロで走行する実験用車両の窓ガラスにアンテナを貼り付け、車内での5G通信速度を検証した。その結果、400MHzの帯域幅で下り最大3.8Gbps、基地局から半径約100メートルのエリアで平均1.3Gbpsの5G通信に成功した。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社