JR高知駅にタッチパネル式の「多言語表示 観光ウェルカムボード」 表示灯とジェイアール四国企画、駅利用者や外国人観光客への情報発信ツール

表示灯 「多言語表示 観光ウェルカムボード」

 

 表示灯(東京都港区)とジェイアール四国企画(高松市)は、JR高知駅(高知市)にタッチパネル式のデジタルサイネージ(電子看板)「多言語表示 観光ウェルカムボード」を6月1日に設置する。駅の利用客や外国人観光客への観光情報発信ツールで、JR四国管内では初めて。

 「観光ウェルカムボード」は75インチの4Kモニターで、高知県内の主要観光地やバス乗り場、店や施設の情報を、イラストや動画を多用して表示し、パネルをタッチすることで、より詳しい情報が入手できる。日本語のほか、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語に対応している。

 設置場所は高知駅コンコース南口。今後、JRの高松、松山、徳島の各駅にも設置する予定。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社