途上国の子どもたちを飢餓から救おう 国連WFP協会が大阪・万博記念公園でチャリティーウオークイベント

国連WFP協会 「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」

 

 NPO法人国連WFP協会(横浜市)は5月26日、子どもたちの飢餓をなくすためのチャリティーウオークイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」を、万博記念公園(大阪府吹田市)で開催し、親子連れなど1658人が参加した。

 このイベントは、途上国の子どもたちの飢餓撲滅を推進するもので、参加費の一部は、国連WFPの「学校給食支援」に寄付される。日本では横浜で2005年から毎年開催している。大阪での開催は4回目で、元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛さんがゲストとして参加し、5キロのコースを歩いた。

 集まった寄付金は、129万1220円で、途上国4万3040人に給食を届ける。

 青木さんは「世界にはまだまだ成長期にもかかわらず、食事を取れていない子どもたちがたくさんいると聞いている。今日は一人でも多くそういった子どもたちに学校給食を届けられるように、皆さん楽しく元気に歩きましょう」と呼び掛けた。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社