熟練労働者の高度な判定に近づくことができるサービス 日本ユニシス、3Dに時間変化を加えた4Dを解析

 

 日本ユニシス(東京都江東区)は、3D(画像と距離)に時間による変化を加えた「4D」解析を行う空間認識プラットフォームとして、3Dデータ処理や深層学習などの技術を一つのライブラリーにパッケージングした「ブラーブス・ライブラリー」と「ブラーブス・プラットフォーム」の販売を始めた。「ブラーブス・ライブラリー」の導入を検討している顧客向けに、精度を評価し結果をレポートする「精度検証サービス」を提供する。

 両サービスは、平面画像だけでなく、3Dや4Dのデータを扱うことができ、対象物に関する付加情報として、地域、季節、時間帯、気温、音などを含めた深層学習によって、総合判断ができる。

 多様な環境因子を加えた複合的なデータ解析ができるようになることで、熟練労働者の五感を駆使した高度な判定に近づくことができる、としている。人手に依存している目視業務を大幅に軽減する。

 「ブラーブス・ライブラリー」は、月額のソフトウエアライセンス形式で、「ブラーブス・プラットフォーム」は月額サービス形式で、それぞれ提供する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社