信金中央金庫がトランビと資本・業務提携 より利用しやすいM&A環境の構築目指す

信金中央金庫 トランビと資本・業務提携

 

 信金中央金庫(東京都中央区)は、連結子会社で企業の合併・買収(M&A)仲介業務などを行う信金キャピタル(東京都中央区)を通じて、国内最大級のM&Aプラットフォーム「TRANBI」を運営するトランビ(東京都港区)に出資するとともに、3社間で業務提携すると発表した。

 信用金庫の取引先は、経営者の高齢化や後継者不足など、事業承継やM&Aのニーズが増大している。こうしたニーズに対応するため、より利用しやすいM&Aプラットフォームを3社で検討する、としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社