「宝くじポイント」、売り場でもたまります 6月上旬からアプリも提供

みずほ銀行 「宝くじポイント」

 

 みずほ銀行(東京都千代田区)は、宝くじの会員サービス「宝くじポイント」を全国の宝くじ売り場で始めた。

 宝くじポイントは、宝くじ公式サイトでの購入やキャンペーン応募などでポイントが獲得できるサービスで、2018年10月から始めた。5月20日から宝くじ売り場にも導入し、宝くじの購入100円につき1ポイントを獲得できる。公式サイトでは購入の翌日から1ポイント1円として、宝くじ売り場では100ポイント単位で購入に利用できる。売り場では、公式サイトの会員専用ページに表示されるQRコードか宝くじポイントカードを提示する。ポイントカードは公式サイトの「マイページ」から申し込むと郵送される。

 公式サイトで、「共同購入」と「ギフト購入」の二つの機能を追加した。共同購入は、宝くじ会員同士でグループを作ってグループ購入できる。ギフト購入は、宝くじ会員が購入した宝くじをギフトカードやメッセージとともにプレゼントする機能だ。

 6月上旬から「宝くじ公式アプリ」の提供を始める。宝くじポイントの利用や最新情報の確認、購入した宝くじの当選確認、売り場検索などが利用できる。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社