グローバル電子、シュルターのコネクターシリーズを発売 世界標準の給電システムにスムーズに移行

グローバル電子 「SCHURTER IECコネクタ GP21」「同 GS21」

 

 グローバル電子(東京都新宿区)は、正規代理店を務める電気機器や電子部品の国際的なリーディングカンパニー、シュルター(スイス・ルツェルン)が発売した「400V直流給電IECコネクタGP21/GS21」シリーズの国内販売を開始した。

 GP21(プラグ)とGS21(アウトレット)で構成されるIECコネクターは、最大定格電圧400VDCに対応し、世界標準になりつつある給電システム「高電圧直流給電(HVDC)」にスムーズに移行できる。

 最近の電気機器は、DC(直流)電源が使われることが多く、小型化と多機能性を両立し、コスト削減や信頼性が高い、というメリットがある。より高電圧が必要な大規模通信システムや産業分野でもDC電源を使った技術的ソリューションへの需要が高まっている。家庭やオフィスには通常、AC(交流)電源が供給されているため、それを変換する必要がある。DC給電方式は、AC/DC、DC/ACの変換や変圧のステップを減らすことができるため、変換や変圧時の電力ロスを最小限にし、部品の大幅なコスト削減と故障を回避できる。

 販売する商品は、DC給電での新しい規格「IEC TS 62735―1(2.6kW)」に準拠している。感電保護設計で、通電中にコネクターを挿したり抜いたりができるホットプラグ対応となっている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社