歩行障がいを持つ子どものリハビリを支援する機器とシステムの開発へ テクノプロ、東大と共同研究契約締結

テクノプロ・デザイン社 東大と共同研究契約締結

 

 技術人材サービスを手掛けるテクノプロ(東京都港区)の社内カンパニーで、顧客の研究開発や設計開発をサポートするテクノプロ・デザイン社は、東京大学大学院工学系研究科の浅間研究室と共同研究契約を結んだ。

 出産や成長過程で脳性まひや四肢の先天性異常などによって歩行障がいのある子どもが利用する歩行補助器具は、主に足の形状の維持を目的にしており、神経的な発達や発育を促すものが少ないのが現状だ。そこで、人の立ち上がり動作の運動制御メカニズムから高齢者や脳卒中後の片まひ患者の運動機能を改善するための支援機器開発の研究に携わる東大の浅間一教授の研究室の知見を、子どものリハビリテーションシステムに応用することを目指し、提携に至った。

 共同研究のテーマは、能動的刺激方式での脳性まひ患者リハビリ支援機器・システムの開発で、具体的には①人体に優しく、成長に応じて対応可能な装具の開発②アクチュエーター(電気信号を運動に変換する装置)によって運動刺激を与える機構と回路の開発③生体信号の入力とアクチュエーター制御ソフトウエアの開発―を行う、としている。テクノプロ・デザイン社のエンジニアは、肢体不自由者用装具の3D設計や微弱信号の入出力・駆動用アクチュエーターの制御基板の設計製作、人体信号から運動刺激へ変換するソフトウエア設計を担う。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社