建設会社の若手社員を対象に「足場」を学ぶワークショップ タカミヤ、2会場で開催

タカミヤ 「足場・安全衛生Workshop」

 

 タカミヤ(大阪市)は、建設現場の「足場」について、建設会社の若手従業員を対象に、講習、展示、実習を通じて学ぶ「足場・安全衛生Workshop 2019」を5月14日に同社の千葉市原センターと市原マリンホテル(ともに千葉県市原市)で、5月21日に同社兵庫東条センターとホテルグリーンプラザ東条湖(ともに兵庫県加東市)でそれぞれ開催する。

 足場の歴史や種類、安全な足場機材、日本での災害事故、次世代足場、足場の関係法令について講習し、イメージ映像で枠組足場から次世代足場、未来足場へという足場の歴史について展示するほか、移動昇降式足場の試乗体験をしてもらう。実習は、足場の組み立てと解体を行う。

 同社は建設会社や工務店など足場を使用する企業からの要望を受け、2018年からワークショップを開催しており、これまでに1000人以上が受講したという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社