ポリマーの汚れを安全、短時間に洗浄 トクデン、無料で洗浄テストを受け付け

 

 トクデン(京都市)は5月10日、ポリマー洗浄装置による洗浄テストの受け付けを始める。

 最高700度の蒸気で、ポリマーが付着した溶融紡糸口金や樹脂フィルター、ブレーカープレートなどを洗浄する。

 ポリマー洗浄は、薬液で樹脂を分解し、ガスで焼く方法が一般的だが、危険を伴う上、洗浄に長時間かかる。それに対して、トクデンが開発したポリマー洗浄装置は、①低温の蒸気で樹脂を溶融し回収②高温の蒸気で樹脂を分解し昇華③高温空気でポリマーの残留物を燃焼処理―というプロセスを1台で行い、安全に短時間で洗浄できるという。

 洗浄テストは無料で、本社の京都工場で体験できる。

 

・洗浄の様子:https://youtu.be/npgEh4F-Yn8

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社