人工知能で日本語ホームページを14カ国に自動翻訳 NSSマーケティング、サービス提供を開始

NSSマーケティング 「マルチリンガルインデックス」

 

 NSSマーケティング(東京都新宿区)は、人工知能(AI)を使ってウェブページを14カ国語に自動翻訳する「マルチリンガルインデックス」の提供を始めた。

 マルチリンガルインデックスは、日本語のページを、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語、タイ語、ベトナム語、タガログ語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、ヒンディー語、アラビア語に翻訳することができる。

 通常の翻訳ツールのように単語単位で翻訳をせずに、AIで文脈を読み取った上で翻訳するので、精度の高い翻訳ができるという。微妙なニュアンスで表現したい部分だけを編集したり、言語ごとに画像を入れ替えたりする機能もある。

 翻訳されたウェブページは、日本語のホームページとは別に、独立した言語サイトとしてサブドメイン上に表示されるため、ユーザーが扱う言語ごとに最適な検索結果を表示させることが可能だ。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社