岩手県三陸海岸地域の市町村で防災復興行事 オープニングイベントに歌手の八神純子さんが出演

「三陸防災復興プロジェクト2019」 八神純子さん

 

 岩手県三陸海岸地域の市町村で、復興の今と三陸の魅力を発信する防災復興行事「三陸防災復興プロジェクト2019」が6月1日~8月7日、開催される。

 開幕日の6月1日、復興に向けて支援を継続している歌手の八神純子さんが出演するオープニングイベントを、釜石市民ホールTETTOで行う。八神さんは「震災以前は、コンサートに行って帰るだけだった東北だったが、歌を届けるために被災地を訪れるうちに、第二の故郷のような親しみを感じる東北になった」とコメントを寄せた。

 シンポジウム「これからの防災~東日本大震災津波の教訓から学ぶ新しい防災のカタチ~」もこの日行われ、首都大学東京の中林一樹名誉教授、台湾長栄大学の邵珮君・副教授、インドネシア・アチェ津波博物館のハフニダール館長、日本政策投資銀行の蛭間芳樹・主幹、岩手大学理工学部の南正明教授が登壇する。入場無料で定員は600人。希望者はメール(sanpuro2019@tvi.co.jp)やファクス(019-624-0174)などで申し込む。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社