セルスター工業、コンパクトなドライブレコーダーを発売 蓄電能力があり、高温に強いスーパーキャパシタ搭載

セルスター工業 ドライブレコーダー「CS-11FH」

 

 自動車関連エレクトロニクス製品の開発、製造、販売を手掛けるセルスター工業(神奈川県大和市)は、スーパーキャパシタを搭載したコンパクトなドライブレコーダー「CS―11FH」「CS―21FH」を発売した。

 設定した録画画質をマイクロSDカードに、同社独自のファイルシステムで記録する。録画ファイルの断片化をなくし、エラー発生率を低減する。定期的な初期化作業は必要ない。搭載しているスーパーキャパシタは、蓄電池で、高温に強く、安全性が高い。トラブルなどによって電気ケーブルが外れても録画画質を正常に保存することができる。

 衛星受信数6種83基に対応し、高層ビル群や山間部など測位が不安定なエリアでも高い精度で測位でき、正確な位置情報や走行速度、走行軌跡を記録できる。

 フルハイビジョン撮影で、高画質な映像を記録する。ハイダイナミックレンジによって、急激に明るさが変化しても白とびや黒つぶれを低減する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社