JA三井リース、助太刀に出資 建設現場と職人をつなぐマッチングアプリの社会性と将来性に期待

JA三井リース 助太刀に出資

 

 JA三井リース(東京都中央区)は、建設現場と職人をつなぐマッチングアプリ「助太刀」を運営する助太刀(東京都渋谷区)に出資した、と発表した。

 建設業は就業者数500万人の巨大マーケットだが、建設現場の職人の手配はITによる効率化が進んでいない。また、人手不足や繁閑差による不安定な雇用環境の改善も課題となっている。

 ベンチャー企業の助太刀は、建設現場と職人をアプリでつなぐことで、これらの課題を解消し、建設業従事者のプラットフォーム構築を目指している。JA三井リースは同社のビジネスの社会性と将来性に期待し、出資を決めた、としている。資金提供だけでなく、ファイナンス機能やノウハウを提供することで事業連携を進める。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社