アルペンルート、関電トンネルで電気バスを運行 関西電力、11月30日までイベントを開催

関西電力 「『電気バス元年』に係るイベント等の概要」

 

 関西電力(大阪市)は、2018年11月30日、立山黒部アルペンルートの扇沢駅(長野県大町市)と黒部ダム駅(富山県立山町)を結ぶ関電トンネルで、54年間運行したトロリーバスの運行を終え、平成最後の年で令和元年の今年4月15日、電気バスの運行を始めた。

 電気バス元年のイベントを11月30日まで扇沢駅や黒部ダムなどで行う。イベントは、①電気バスの愛称募集②利用客と電気バスの記念写真をSNSに投稿③電気バスの運行開始を記念した「きっぷセット」の販売―など。

 

・イベント(黒部ダムオフィシャルサイト):http://www.kurobe-dam.com/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社