ブリヂストン、「月面での接地」の課題解決へ JAXAやトヨタとともに国際宇宙探査ミッションに挑戦

ブリヂストン 月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」

 

 ブリヂストン(東京都中央区)は、宇宙航空研究開発機構(=JAXA、東京都調布市)、トヨタ自動車(愛知県豊田市)とともに、国際宇宙探査ミッションに挑戦する、と発表した。

 ミッションは、JAXAとトヨタが今年3月、「人類の活動領域の拡大」と「知的財産の創出」を目的に発表したもので、ブリヂストンは、「有人与圧ローバ」が月面を走破するためのタイヤ(接地体)の研究を推進する。

 ローバに装着する接地体は、2000年代にJAXAとブリヂストンが共同で検討し、トヨタは技術パートナーとして連携した。今回は、ミッションの中で新たな技術課題として認識された「月面での接地」を解決する、としている。月面で接地体が果たすべき役割は四つで、①重量を支える②駆動力・制動力を伝える③方向を転換・維持する④路面変化に追従する―を実現するしなやかで強靱な接地体の開発に挑戦する。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社