学生が「起業」経験を積む特別講座、開講 産能大とウィルフ

産業能率大学 「SANNO STARTUP ACADEMY」

 

 産業能率大学(東京都世田谷区)と、学生が起業を学ぶビジネススクールなどを運営するウィルフ(東京都渋谷区)は、学生が「起業」経験を積む特別講座「SANNO STARTUP ACADEMY」を4月12日に開講する。

 現実の課題を題材に、実践的な課題解決型学習の「Project Based Learning(PBL)」に取り組む産能大の、さらにPBLを進めたプロジェクトとなる。

 講座は、週1回、6カ月間で学生が起業に必要な知識などを学び、実際に“起業経験”を積む。講師は、ウィルフの黒石健太郎社長が務める。学生は社長として事業プランを考え、起業家やコンサルタントからフィードバックを受け、プランを磨き上げ、実行する。講座の期間中に3回、実際に事業運営することで本物の起業経験が積める。講座は、大学卒業後に自らが取り組む事業プランを書き上げて終了する。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社