工事現場の足場の高さは190センチが安全で快適 タカミヤ、創立50周年でCMを制作

 

 足場などの仮設機材の開発・製造・販売・レンタルを手掛けるタカミヤ(大阪市)は、今年6月に創立50周年を迎えることから、次世代足場「Iqシステム」のテレビCM「踊ってみた」編の放映を開始した。

 これまで足場の高さの基準は170センチだったが、ゆとりのある190センチとする新規準を取り入れた次世代足場「Iqシステム」によって、作業員の腰や首にかかる負担を軽減する。

 CMは、作業員に扮したダンサーが軽やかに動くことで工事現場での作業の安全性と快適性を表現した。

 

・CM:https://www.takamiya.co/corporate/understood/movie/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社