京都の老舗はどうやってイノベーションを成功させてきたのか シンポジウム「THE EXPO 百年の計 in京都」開催

100年企業戦略研究所 「THE EXPO 百年の計 in 京都」

 

 資産形成コンサルティングを手掛けるボルテックス(東京都千代田区)のシンクタンク、「100年企業戦略研究所」(東京都千代田区)は、PHP研究所(京都市)の理念経営研究センター(京都市)と共催でシンポジウム「THE EXPO 百年の計 in京都」を5月22日、リーガロイヤルホテル京都(京都市)で開催する。

 日本には創業100年以上の長寿企業が約3万社あり、200年を超える企業は世界全体の56%を占めると言われている。シンポジウムは、時代の変化を恐れず、困難を乗り越え、長い歴史を刻んできた長寿企業に焦点を当てる。テーマは「京都の老舗―イノベーション力の謎を解く―」で、なぜ京都の老舗がイノベーションを成功させてきたのか、その要因と、行政、教育、企業力のコラボによって老舗がけん引する京都の都市力の未来を考える。

 会費は無料。定員は200人で、定員に達すると締め切る。

 

・詳細:https://hyakkei-online.com/archives/6211

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社