ビジネスで社会課題解決を 三菱総研が提案を募集

三菱総合研究所 「INCF ビジネス・アクセラレーション・プログラム2019」

 

 三菱総合研究所(東京都千代田区)が運営する「未来共創イノベーションネットワーク(INCF)」は、ビジネスによって社会課題解決を目指すための「ビジネス・アクセラレーション・プログラム(BAP)2019」を開催する。

 三菱総研は、「100億人が豊かに暮らせる持続可能社会」を実現するため、革新的技術とオープンイノベーションを活用して社会課題の解決策を共創・実現するプラットフォームとして未来共創イノベーションネットワークを提唱し、事務局として運営している。

 INCFは、「ウェルネス」「エネルギー・環境」「水・食料」「モビリティ」「防災」「教育・人財育成」の6テーマでビジネスアイデアコンテストをこれまでに4回実施し、延べ400件以上の応募があった。今年はこの6テーマに加え、社会課題全般に対する提案を募集する。応募者や入選者に対するアドバイスやメンタリング(指導や支援)提供を充実させ、ビジネス実現の加速を図る、という。

 募集は5月31日まで受け付け、6月に書類審査による1次選考、7月3日と8日にプレゼンテーション審査による2次選考を行う。最終審査会に進出するファイナリストには、三菱総研の研究員が1カ月半、メンタリングを行う。最終審査会は、最優秀賞、三菱総研賞のほか、INCF会員から「会員賞」が授与される。10月に開催される国内最大の最先端テクノロジーの展示会「CEATEC2019」のピッチイベントへの参加の機会も用意する。

 三菱総研は、このプログラムについて、「社会課題解決につながる優秀なビジネスモデルを表彰するだけでなく、最終審査会以降、INCFに入会してもらい、他の会員とビジネスを共創していくための入り口として位置付けている」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社