古舘伊知郎氏、立教大の客員教授に就任 「現代社会における言葉の持つ意味」を担当

立教大学 「現代社会における言葉の持つ意味」

 

 立教大学(東京都豊島区)は、今年4月から同大の卒業生でフリーアナウンサーの古舘伊知郎氏を客員教授に迎える、と発表した。全学部の学生を対象にした科目「現代社会における言葉の持つ意味」を担当する。

 3月27日に行われた記者会見で古舘氏は「もう一度、学生と一緒に勉強しろと母校に呼び戻されたのだと思っている。担当する授業が時間内に終わるか心配だが、トークライブのように延びることがないようにしたいと思っている。学生にホイッスルでも吹いてもらいましょうか」と話した。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社