イマドキのマナー違反、ワースト1は「あいさつをしない」 髙橋書店がビジネスマナーの基本を解説した書籍を発売

高橋書店 「心をつかむ! 新しいビジネスマナーの基本」

 

 高橋書店(東京都文京区)は、「心をつかむ! 新しいビジネスマナーの基本」3月30日に発売する。税別1100円。

 エイベックス・グループ・ホールディングスの人事部で教育担当などを経て、2010年にキャリアカウンセラーとして独立した北條久美子氏が、やってしまいがちなマナー違反と、それに対して「どうするのが正解か」「こうすれば良い」について、理由を交えて解説する。

 また、上司のタイプ別対処方も紹介している。

 新人やこれから社会人デビューする人だけでなく、指導を任された人にも役立つ内容となっている。

 北條氏による“イマドキのマナー違反”のワースト10は以下の通り。

 第1位:あいさつをしない、第2位:スマートフォンをいつもいじっている、第3位:報告をしない、第4位:SNSに会社の情報を載せる、第5位:プロ意識の欠如、第6位:遅刻・欠勤の連絡をちゃんとしない、第7位:お礼を言わない、第8位:話す内容がまとまっていない、第9位:根拠のない自信を持っている、第10位:文書やメールにミスが多い。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社