バスクリン、世界で最も売れている入浴剤に ギネス世界記録認定を記念し、ツイッターキャンペーン

バスクリン 「粉末タイプ入浴剤ブランドにおける最新年間売上金額」

 

 バスクリン(東京都千代田区)は、入浴剤「バスクリン」が「粉末タイプ入浴剤ブランドにおける最新年間売上金額」としてギネス世界記録に認定された、と発表した。

 入浴剤のバスクリンは1930年に発売したロングセラー商品。2017年1月から12月までの年間売上金額が4760万5000ドルに達したことから、世界で一番売れている入浴剤と認定された。

 認定式に出席した古賀和則社長は「来年で発売90年を迎える『バスクリン』は、日本人の入浴文化の中に根付き、長い間多くの方々に親しんでいただいた。お風呂に入ることは健康によいということを発信するのが当社の使命であり、それを世界に向けて発信したいと考え、今回、世界基準であるギネス世界記録の認定を申請した」と話した。

 認定を記念し、バスクリン1年分をプレゼントするツイッターキャンペーンを実施している。

 

・ツイッターキャンペーン:https://www.bathclin.co.jp/bc_guinness19/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社