サイクリング中の転倒で脳を守るヘルメット トレック・ジャパン

 

 トレック・ジャパン(兵庫県西宮市)は、サイクリングヘルメットの安全性を飛躍的に高める衝撃吸収技術「ウエーブセル」を搭載したヘルメット2モデルを、ボントレガーブランドから発売した。

 一般的な発泡スチロールを使用したヘルメットは、主に頭部に垂直にかかる衝撃を吸収し、頭蓋骨骨折を防ぐことを想定して開発されている。しかし、高速で走行するサイクリング中に転倒すると、頭部が斜め方向で地面に衝突し、回転やひねりの力によって脳が揺さぶられることで、脳振とうや後遺症につながる脳障害が発生する。こうした脳へのダメージの多くは、頭蓋骨骨折を伴わず、頭蓋骨の内部で発生することが分かっている。

 米総合自転車メーカーのトレック・バイシクルは、このようなダメージを最小化するため、外部の研究機関と連携しながら開発を進めてきたという。

 ウエーブセルは、衝撃を受けるとレイヤーが独立して動く。セル構造が変形し、潰れた後に横方向へ滑り、頭部にかかる衝撃を積極的に吸収する。一般的なサイクリングでの転倒を想定した実験で、軽度の脳障害の発生を1.2%に抑えた。従来の発泡スチロールを使用したヘルメットで同条件の実験を行ったところ、軽度の脳障害の発生は58.2%で、ウエーブセルと同じく、斜めの衝撃を吸収するために開発された「ミップス」というスリップライナー付きのヘルメットで行った実験でも34.2%だった。

 トレック・ジャパンは、トレック・バイシクルの100%子会社で、1991年から輸入卸売りを行い、直営9店舗も展開している。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社