IoTデバイスを保護するセキュリティーソリューション ドコモとトレンドマイクロが提供

NTTドコモ 「ドコモ・クラウド基盤 ネットワークセキュリティサービス」導入イメージ

 

 NTTドコモ(東京都千代田区)とトレンドマイクロ(東京都渋谷区)は、IoT(モノのインターネット)デバイスを保護するセキュリティーソリューションを、ドコモから「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」として、3月26日から提供する。

 これまで、ドコモ・クラウド基盤は、セキュリティーソリューションを導入する場合、利用者が個別にサードパーティー(第三者団体)製品などを用意する必要があったことから、セキュリティーソリューションをセットで提供できるようにした。

 ドコモ・クラウド基盤に導入されたトレンドマイクロのクラウド向けネットワークセキュリティーソリューションによって、デバイスとドコモ・クラウド基盤の間の異常通信の検知や不正アクセスのブロックなど、各種のセキュリティー機能を利用することができる。

 ドコモとトレンドマイクロは、第5世代(5G)移動通信システム時代のセキュリティーソリューション創出に向け、検証用の5G設備とクラウドコンピューティング設備を直結した技術検証環境「ドコモ5Gオープンクラウド」で、トレンドマイクロのクラウド向けネットワークセキュリティーソリューションの技術検証を2018年7月に開始した。また現在多くの利用者がいる4G環境でも検証を進めている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社