「江戸饗応料理」の割烹「浅草 草津亭」がグランドオープン 弁当や座付菓子も4月から順次販売

日本料理店「浅草 草津亭」

 

 草津亭(東京都台東区)は、日本料理店「浅草 草津亭」を浅草にグランドオープンした。

 浅草 草津亭は、鮒忠(東京都台東区)が2018年11月に、旧・草津亭から事業譲受し、鮒忠の100%子会社として新たに設立した新・草津亭が運営している。事業譲渡に伴い、限定的に営業していたが、3月12日に本格的に営業を開始した。

 浅草 草津亭は、1872(明治5)年に創業した。提供するのは、ペリーが浦賀に来航した際、幕府が使節団を招いてもてなした「江戸饗応料理」をルーツに持つ、伝統的な江戸料理だ。

 4月から、草津亭ブランドの弁当4種類と座付菓子(婚礼や祝儀などで、客が座席に着いたときに最初に出す菓子)シリーズの第1弾として、「芸者人形焼」の販売を順次始める。

 

・公式ウェブサイト:http://asakusa-kusatsutei.com/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社