「ロボットが乗り換えや周辺情報を案内します」 3月16日、井の頭線下北沢駅に登場

オムロン ソーシアルソリューションズ 「駅案内ロボット」

 

 オムロン(京都市)の子会社で社会システム事業を手掛けるオムロン ソーシアルソリューションズ(=OSS、東京都港区)は、駅の窓口業務の自動化に向け、利用客からの問い合わせに応対する「駅案内ロボット」を開発した。3月16日から京王電鉄井の頭線の下北沢駅で試験運用を始める。

 このロボットは、OSSが独自に開発した音声対話型人工知能(AI)エンジンを搭載しており、駅の利用客からの乗り換えや駅構内、周辺情報などに関するさまざまな問い合わせに、音声とディスプレーでの文字表示で回答する。雑踏の中でも利用客の声を正確に認識し、動作を交えて応対する。ロボットが回答している途中に別の質問を受け付ける「割りこみ対話機能」も搭載している。ロボットが利用客との対話にうなずいたり、体の回転や腕の動きで方向を指し示したりすることで、親しみの持てる自然な対話ができるのが特徴という。

 OSSは今回の試験運用で、実際の利用客との対話を積み重ね、音声対話型AIエンジンの回答精度を向上させる、としている。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社