ドローンを使い、被災者の携帯電話の位置を推定 KDDI、実証実験に成功

KDDI 実証実験で使用したドローン

 

 KDDI(東京都千代田区)とKDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)は、災害発生時、迅速に救助活動が行えるよう、ドローンに小型携帯電話基地局を搭載した「無人航空機型基地局」を使った携帯電話位置推定技術を開発した。携帯電話捜索の実証実験に成功したことで、災害時などで被災者を特定できない状況でも被災者が所持する携帯電話の位置を推定し、捜索活動を支援できるようになる。

 実証実験で、被災エリア一帯にドローン基地局を飛行させ、携帯電話から信号を受けるたびにドローンの位置を記録。同一の携帯電話から複数の信号を受けることで、携帯電話のおおよその位置を推定した。

 今後、自治体や救助機関に対し、この技術の活用に向けた詳細なヒアリングを行い、災害救助に役立てたい、としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社