代々木公園で3月1日から魚ジャパンフェスを初開催 郷土料理や名産品など250種類以上のメニュー

全国さかな祭り実行委員会 「第1回 SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019」(魚ジャパンフェス2019)のどぐろの一夜干し焼き

 

 「全国さかな祭り実行委員会」は3月1~3日、大規模な食のイベント「第1回 SAKANA&Japan FESTIVAL 2019」を代々木公園(東京都渋谷区)で開催する。

 毎年11月に日比谷公園(東京都千代田区)で開催し、昨年は約16万人を動員した日本最大級の魚介料理イベント「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」のスピンオフイベントとして実施する。

 見どころは、魚介料理だけでなく、日本各地の郷土料理や名産品などが味わえることで、特色を生かした三つのエリアに250種類以上のメニューがそろう。日比谷公園に比べ、来場者向けの座席数を増やし、ゆったりした空間を提供する、としている。

 

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社