家庭菜園の連作障害、防ぎます 横浜植木の北海道支店が北海道限定で堆肥を発売

横浜植木株式会社北海道支店 「連作障害ノックダウン」

 

 横浜植木(横浜市)の札幌市内にある北海道支店は、家庭菜園での連作障害を軽減する堆肥「連作障害ノックダウン」を北海道限定で3月1日に発売する。オープン価格。

 限られた栽培面積の家庭菜園は、毎年同じ場所で同じ種類の野菜を作るケースが多く、連作障害が発生しやすい土壌環境になる。連作障害を起こすと、病気になったり収穫量が減ったりする。作物によって必要な成分が異なるため、土壌の養分がアンバランスになることが原因とされる。

 連作障害ノックダウンは、牛ふん堆肥に土壌の有用微生物を増やし、土壌成分を豊かにする有機特殊菌体を配合した。

 

・詳細:https://www.yokohamaueki.co.jp/hbo/gardening/knockdown/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社