ドライバー人材不足解消の一助に ドラEVER、給与前払いキャッシュディスペンサーを開発

ドラEVER 給与前払いキャッシュディスペンサー「TRCD-001」

 

 ドライバー求人サイト「ドラEVER」を運営するドラEVER(さいたま市)は、タイムレコーダー付きの給与前払いキャッシュディスペンサー「TRCD―001」を3月1日から先行販売する。

 運送業界は、物流システムのIT化などによって、慢性的なドライバー人材の不足が課題になっているが、「転職間もないドライバー従業員のキャッシュフローの安定支援」と「運送業界の採用率の向上と従業員の離職率の低下防止」を図るため、タイムレコーダー付きの給与前払いキャッシュディスペンサーを開発した。現在、「ドラEVER」サイトに登録している企業を優先に先行販売する。

 専用端末は、従業員の出退勤と連携しており、給与の過剰支払いを防止し、適切な勤怠管理ができる。静脈認証で本人確認をするため、タイムカードの打刻を代わりの従業員が代打ちするのを防止できる。価格は、搭載機能によって変動し、300万~600万円。リースの場合は月額5万~10万円。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社