通話内容をスマホ画面にリアルタイムで表示 ドコモ、耳の聞こえづらい人向けに3月1日からサービスを提供

NTTドコモ 「みえる電話」

 

 NTTドコモ(東京都千代田区)は、耳の聞こえづらい人向けに、通話相手の発話内容を画面上に文字で表示するサービス「みえる電話」を3月1日から提供する。

 「みえる電話」を利用すると、スマートフォンの画面上にリアルタイムで相手の会話が文字で表示され、内容を確認しながら通話できる。利用するにはドコモとの回線契約とアプリのダウンロードが必要だ。アプリの立ち上げを自動に設定しておけば、着信した電話でも利用できる。ドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行うため、通話相手はどこのキャリアでもよく、アプリも必要ない。

 ドコモは2016年10月からトライアルサービスを行っており、これまでに約2000人が利用した。「ずっと待ち望んでいた夢のようなサービス」「自分一人で24時間いつでも電話ができるので助かる」などの声があったという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社