「こどもに食べさせたい食事パン」の新ブランド「emini」 第一パン、第1弾で「食パン」を発売

第一屋製パン 新ブランド「emini(エミニ)」

 

 第一屋製パン(東京都小平市)は、「こどもに食べさせたい食事パン」をコンセプトとした新ブランド「emini(エミニ)」を立ち上げ、第1弾として3月1日、「食パン」を発売する。

 厚生労働省の「平成27年度乳幼児栄養調査」によると、2~6歳児の保護者の約8割が子どもの食事で困ったことがある、としている。第一パンは、「現在子どもの食事で困っていること」の中で「食べるのに時間がかかる」「食事より甘い飲み物やお菓子を欲しがる」という回答に着目し、同社が独自に聞き取りを行った結果、「こどもが積極的に食べない」「こどもが食べたがるものと保護者が与えたいものが違う」といった問題が浮かび上がってきたという。

 これらの問題解決の一助として、子どもが自ら食べたくなる味や食感で、大人にとってもおいしく、子どもと一緒に食べたくなる食事パンを目指して開発した。独自の湯種製法で、パン生地はしっとりした食感で、ミミは軽い歯ざわりでかみ切りやすく仕上げた。石臼でひいた全粒粉を10%配合し、小麦の風味を生かした。イーストフードや乳化剤は使用していない。

 販売エリアは関東と中部の一部。

 

・公式ブランドサイト:http://eminipan.jp/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社