優勝は「イカスミインスタントリゾット」 インスタントラーメンを使った時短レシピのコンテスト

日本即席食品工業協会 「イカスミインスタントリゾット」

 

 日本即席食品工業協会(東京都台東区)は、「インスタントラーメン オリジナル料理コンテスト2019」を女子栄養大学(東京都豊島区)で2月11日に開催した。

 栄養士や調理師など、食のプロを目指す学生を対象に、インスタントラーメンをおいしく健康的に食べられるアイデアメニューを募集したところ、全国から1397点の応募があり、書類選考を通過した12作品が決勝大会に出場した。今大会から、テーマを「手軽に簡単に調理できる“時短レシピ”」とし、誰でも手軽に作れ、どんな食材にもマッチするインスタントラーメンの特徴を生かすものであることが条件となった。調理の制限時間は15分。

 日本栄養士会の下浦佳之常務理事など5人が試食審査を行い、優勝は埼玉県の城西大学医療栄養学科1年の大澤幸之助さんが作った「イカスミインスタントリゾット」が選ばれた。大澤さんは「麺を砕いてリゾット風にするのは面白そうだと思い、過去のコンテストの作品にもあまりなかったのでチャレンジしてみた」とコメントした。審査員からは「イカスミの濃厚さが口いっぱいにひろがる大変おいしい作品。15分でこのような絶品が生まれることに感動した」などと評価された。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社