住友不動産、「総合マンションギャラリー」をリニューアル 効率的な物件探しに新宿館、池袋館、秋葉原館で

住友不動産 「総合マンションギャラリー」をリニューアル

 

 住友不動産(東京都新宿区)は、同社が首都圏で販売する全てのマンションの物件情報を案内する「総合マンションギャラリー」をリニューアルする。

 総合マンションギャラリーは、2011年10月29日、新宿、渋谷、池袋、秋葉原、田町の徒歩圏内に5館同時にオープンし、現在は全国で9館展開している。

 2月16日の新宿館リニューアルオープンを皮切りに、池袋館と秋葉原館のリニューアルを順次行う。

 効率的な物件探しを求める共働き世代が増加したことと、検討エリアが拡大傾向にあるなど、首都圏市場で顧客が変化していることを受け、近郊や郊外のコンセプトルームを新規に導入する。

 また、年間約1万5000件の来場者のうち、具体的な希望物件を特定していない客が約3000件を占めているが、集客対象エリアを拡大することで、こうした客5000件に対応する、としている。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社