千葉商大、創立100周年に向け、オリジナルワイン醸造に挑戦 活動や運営費不足分はクラウドファンディングで

千葉商科大学 「CUC100(ハンドレッド)ワイン・プロジェクト」学生プロジェクトメンバー

 

 千葉商科大学(千葉県市川市)は、「CUC100(ハンドレッド)ワイン・プロジェクト」を始動した。

 本年度、千葉商大が創立90周年を迎えたことを記念し、プロジェクトメンバーの在学生が創立100周年に向け、市川市産の大学オリジナルワインの醸造に挑戦する。プロジェクトの活動や運営費の不足分は、学生がクラウドファンディングで3月29日まで支援を募る。

 地域住民と協力し、キャンパス内でソーラーシェアリングしながら、活動を通じて、農業の未来やエネルギー資源について考える場とする。

 旧ピッチング練習場を土壌改良して耕した畑は、ブドウ以外に野菜作りも行う。井戸も設置する予定で、災害時の飲料水としても利用する。ソーラーシェアリング設備で発電した電力は、学内でも消費する。

 

・クラウドファンディング:https://readyfor.jp/projects/CUC100

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社