東京モード学園との産学連携プロジェクト エバニュー、学生がデザインしたバッグ2点を商品化

エバニュー 東京モード学園とのコラボ企画
「busy beaver protean」

 

 スポーツ用品やレジャー商品の開発・販売を手掛けるエバニュー(東京都江東区)は、東京モード学園(東京都新宿区)との産学連携プロジェクトとして、バッグブランドの「ビジィ・ビーバー2019年春夏コレクション」のサブラインアップ「ビジィ・ビーバー・プロティアン」の新商品を4月に発売する。

 2018年7月から東京モード学園が全面協力している企画の第3弾。デザイン学科4年生60人が授業の一環として実施した。それぞれの生徒が3点、計180点のデザイン画から、社内審査を経て3点を選んだ。その中から2点を忠実に商品化し、発売する。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社