自慢のカルボナーラ、味わって 静岡県函南町が地場産品を活用した食のメニュー提供

函南町 「函南カルボナーラプロジェクト」

 

 静岡県函南町は、「道の駅を活用した観光振興事業」の一環として、地場産品を活用した食の提供メニューを開発するためのイベント「函南カルボナーラプロジェクト」を立ち上げた。

 このプロジェクトは、町内で生産した農畜産物を利用した食のメニューを開発し、道の駅で販売したり、情報発信したりすることで、知名度の向上と収益増加を目的としている。

 「函南カルボナーラ」は、「函南町の地場産品を利用していること」が条件で、町内の協力店でオリジナルのカルボナーラを順次提供する。

 3月2、3の両日、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で函南カルボナーラお披露目会を開催する。協力店のうち、山本食品、酪農王国、レストランKiya、シェルトの4社が出展する。各社が提供するカルボナーラの食べ比べができる。函南ブランド認定商品が一堂に会す「函南ブランドフードフェスタ」も同時開催する。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社