「森が家」で都市ストレスを軽減 大和ハウス工業、品川シーサイド展示場に木造モデルハウス

大和ハウス工業 「森が家」

 

 大和ハウス工業(大阪市)は、現在の年齢が50~75歳世代を対象に、「森が家(もりがいえ)」をコンセプトにした3階建ての木造モデルハウス「xevoGranWood都市暮らし森が家コンセプトモデル」を開発。品川シーサイド展示場(東京都品川区)で展示・販売を始めた。

 人生100年時代・生涯現役時代に向け、予防医学研究者の石川善樹氏の知見を生かし、「都市ストレスからの解放」と「五感のゆらぎ」「人のつながり」が生まれる家を目指した。

 同社は開発に当たり、都市で暮らす50歳以上の人に「森が家」の擬似環境で実証実験を行った結果、その空間では「都市」と比べ、約14%のストレス軽減効果が見られ、情報処理能力が向上する結果が得られたという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社