「全国生活習慣病予防月間」で「少酒」について市民公開講演会 日本生活習慣病予防協会、2月6日開催

日本生活習慣病予防協会 「全国生活習慣病予防月間」

 

 日本生活習慣病予防協会(東京都港区)は、同協会が毎年2月に主催する「全国生活習慣病予防月間」で、メインイベントとなる市民公開講演会を、2月6日午後1時30分から日比谷コンベンションホールで開催する。同協会が掲げる健康標語の「一無二少三多(無煙・禁煙、少食、少酒、多動、多休、多接)」の中で、今回は「少酒(お酒はほどほどに)」に焦点を当てた啓発活動を行う。

 日本歯科大学口腔外科の小林隆太郎教授が「アルコールとお口の健康」、国立がん研究センター・社会と健康研究センターの井上真奈美・予防研究部部長が「少酒とがん予防」について講演した後、両氏を交え、総合討論を行う。

 参加は無料で、事前申し込みが必要。

 

http://www.seikatsusyukanbyo.com/monthly/seminar_mail/seminar_toroku.php

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社