大迫勇也選手とアンバサダー契約を締結 本坊酒造、ブランド価値向上を目指す

本坊酒造 アンバサダー契約を締結した大迫 勇也 氏

 

 本坊酒造(鹿児島市)は、プロサッカー選手の大迫勇也氏とアンバサダー契約を締結した。大迫選手を起用したプロモーションやCM、ポスターなどの販売促進ツールを制作しブランド価値向上を目指す、としている。

 大迫選手は、鹿児島県南さつま市出身で、高校時代からU―16、U―17と各年代の日本代表に選出され、2009年にJリーグの鹿島アントラーズに入団した。14年、海外に拠点を移し、現在はドイツのブンデスリーガ、SVヴェルダー・ブレーメンに所属している。

 本坊酒造が創業したのも大迫選手の出身地と同じ地区であり、世界の舞台で活躍し、人々の共感を呼び感動させる大迫選手の姿が、同社が目指す「世界品質」のイメージと合致することから、契約に至ったという。16年に南さつま市でウイスキー蒸留所を開設した本坊酒造は、世界の蒸留酒ビジネスの一翼を担うブランドを目指す、としている。

 大迫選手は「故郷である鹿児島に貢献したいという思いが、今回、このような形で実現できることを大変うれしく、光栄に思う」とコメントした。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社