北園女子学生会館で東京家政大のメニューを提供 千葉県長南町の特産品を活用

北園会館 長南町×東京家政大学メニューコンテスト特別賞「鱈とれんこんの蒲タル丼」

 

 北園会館(東京都板橋区)は、東京家政大学ヒューマンライフ支援センター(東京都板橋区)と、「長南町×東京家政大学メニューコンテスト」受賞レシピに基づく食事を北園会館が管理・運営する北園女子学生会館で提供することで合意し、覚書を交わした。

 東京家政大学は千葉県長南町と包括協定を結んでおり、同大栄養学科・同短大栄養科の学生が長南町の特産品を生かしたレシピを考案し、コンテストを開催している。

 受賞レシピの第1弾として、2016年のコンテストで特別賞を受賞した「鱈とれんこんの蒲タル丼」を18年12月14日に提供し、長南町産のレンコンを食材に使用した。また館内にレシピを掲示して、自炊する学生にも役立ててもらった。

 同会館では今後も定期的に受賞レシピを提供する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社