三重に“宝”を探しに行くツアー 伝統文化伝える女性や猟師訪ねる

三重県 「三重の宝ツアー」

 

 三重県は、尾鷲市で地域おこし協力隊として起業し伝統食「梶賀のあぶり」の文化と暮らしを伝える中川美佳子さん、松阪市で猟師をしている杉山充宏さんを訪ねる「三重の宝ツアー」を企画、参加者を募集している。

 日程は3月15~17日で、主な行き先は、滝原瀧原宮(大紀町)、尾鷲市梶賀町、松阪市飯南町、泰運寺(松阪市飯高町)。旅行代金は税込み3万5000円。

 三重県は、東京・日本橋のアンテナショップ「三重テラス」で、県の魅力をテーマに「三重の宝トーク」を開催しており、中川さん、杉山さんはゲストとして登壇した。ツアーは、三重の宝トークの受講生や三重の宝に関心を持つ人を対象としている。募集人数は25人で最小催行人数は15人。

 

・詳細:http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000810017.pdf

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社