被災地で防災力、減災力向上目指し、シンポ開催 東北大学、2月13日にウェスティンホテル仙台で

東北大学 シンポジウム「防災力・減災力の向上を目指して」

 

 東北大学(仙台市)は2月13日、ウェスティンホテル仙台(仙台市)で、「防災力・減災力の向上を目指して」をテーマにシンポジウムを開催する。

 地震を中心に、同大の災害研究について四つの異なる見地から紹介する。

 定員は150人で参加費は無料。事前の申し込みが必要。

 東北大は、東日本大震災の被災地の中心にある総合大学であることから、「東北大学災害復興新生研究機構」を設置して活動を続けている。

 

・申し込み:http://www.idrrr.tohoku.ac.jp/sympo2019

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社