琵琶湖産の魚介類を味わうフェア 滋賀県全域で開催

滋賀県 「『びわ湖のめぐみ』おもてなし食堂フェア」

 

 滋賀県は、“琵琶湖八珍”やセタシジミなど琵琶湖産の魚介類を「びわ湖のめぐみ」と名付け、それを使ったメニューを県内全域で提供する「『びわ湖のめぐみ』おもてなし食堂フェア」を1月11日~2月28日、実施する。

 琵琶湖岸に立地する四つのホテルや旅館が「おもてなし食堂」として、琵琶湖の風景とともに特別メニューを提供する。また、県内外172の店舗を「街角食堂」として、より身近にびわ湖のめぐみを食べたり買ったり泊まったりできる体験を提供する。

 フェア期間中、おもてなし食堂での体験を発信するモニターを募集するほか、参加店舗で食事や買い物をした人に、抽選でオリジナルロングタオルをプレゼントする企画も実施する。

 びわ湖のめぐみは、琵琶湖八珍に選定されたビワマス、コアユ、ハス、ホンモロコ、ニゴロブナ、スジエビ、ゴリ、イサザのほか、琵琶湖固有のシジミであるセタシジミなどの食材。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社