コラントッテが青学大陸上部とアドバイザリー契約 「筋肉の疲労感、軽減された気がしている」

コラントッテ アドバイザリー契約を結んだ青山学院大陸上競技部

 

 磁気健康ギアの製造・販売を手掛けるコラントッテ(大阪市)は、今年の箱根駅伝で復路5連覇、総合で2位だった青山学院大陸上競技部の長距離ブロックと今年1月1日付でアドバイザリー契約を結んだ、と発表した。

 青学大陸上部の一部の部員は、以前からコラントッテ製品を着用していたという。

 コラントッテの磁石は、独自のN極S極交互配列によって磁気を広範囲に働き掛けることができるため、点ではなく面での効果が期待でき、血行改善や筋肉の凝りを緩和し、回復を促す、としている。

 青学大は「日々のトレーニングで20~30キロ走る中で体全体の疲労がたまりやすい。コラントッテを着用しだしてから筋肉の疲労感は軽減されたような気がしている」とコメントしている。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社