EUの一般データ保護規則の無料相談 ディー・クエスト、世界で活躍する日本企業向け

ディー・クエスト 内部通報システム「DQヘルプライン」

 

 今年5月に欧州経済領域(EEA)域内の個人情報保護の取り組みとして、欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(GDPR)が施行されたことに伴い、EEA加盟国と取引する日本企業には厳格な追加対応策が必要となっている。

 企業リスクコンサルティング事業を手掛けるディー・クエスト(東京都千代田区)は、DQヨーロッパ(ドイツ・フランクフルト)を設立し、世界で活躍する日本企業のために、「GDPRに対応できる内部通報窓口の設置方法」について、12月半ばから担当者向けの無料相談を始める。

 相談内容は、EU圏を中心とする各国法に基づいた内部通報窓口設置方法についてのアドバイスや、GDPRに対応できる内部通報のシステムやツールについての相談など。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社