「色彩の魔術師」エルンスト・ハースの作品展 フジフイルム スクエア写真歴史博物館、2019年3月1日~5月31日

 

 フジフイルム スクエア写真歴史博物館(東京都港区)は、2019年3月1日~5月31日、カラー写真の先駆者として世界に影響を与えた写真家の一人、エルンスト・ハースの作品展を開催する。入場料無料。

 ハースは、1950年代にカラー写真の表現を切り開き「色彩の魔術師」と呼ばれた。報道写真家ロバート・キャパに認められ、結成されたばかりの写真家集団マグナムに迎えられた。ハースも当初は、モノクロのドキュメンタリー写真に取り組んでいたが、49年から、開発されて間もないカラーフィルムによる実験を始め、ニューヨークでカラーのシリーズ作品の撮影に挑んだ。当時のカラーフィルムは感度が極めて低く表現の自由度に欠けたが、ハースは巧みな技術でその特性を生かし、53年に雑誌「ライフ」に初めてカラーフォトエッセイが掲載されると、魔法のような色彩あふれる写真が世界中の写真家に感動と希望を与えたという。

 展覧会は、71年に写真集として発表されたハースの最高傑作「ザ・クリエイション」から厳選した21点を展示する。キリスト教の旧約聖書「創世記」の冒頭に描かれる「天地創造」をテーマに、地球の誕生から四季の到来、生物の出現といった壮大な物語を描いている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社