人工知能などで事務作業を効率化するツール有償トライアル ビーブレイクシステムズが提供

ビーブレイクシステムズ 「ウィンアクター」

 

 ビーブレイクシステムズ(東京都品川区)は、NTTグループが開発した、事務作業などの定型業務を、人工知能などを使って効率化、自動化する純国産のRPAツール「ウィンアクター」の有償トライアルサービスの提供を始めた。

 働き方改革への取り組みが急務となる中、多くの企業が人手不足を補いながら生産性向上や業務の効率化につながるとして、日々のルーティンワークをロボットが代行するRPAツールの導入が進んでいる。

 RPAツールは、プログラミングなどの特別な知識がなくてもユーザー企業がシナリオを作成し、実行することで、定型業務を自動化できる。導入効果を最大化するためには、シナリオ作成スキルを習得する必要がある。

 有償トライアルは、導入前に製品を検証できるサービスで、「初心者向け操作研修(集合型/訪問型)」「2カ月間の自習・お試し利用」などが含まれている。受講対象者は、ユーザー企業の担当者や、技術習得を目指すフリーランスエンジニアなどを想定している。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社