【形状記憶・超弾性合金の将来展望】〈形状記憶合金協会・土谷浩一会長に聞く〉医療や動力部品で需要拡大 産学・異分野連携で用途開拓

形状記憶・超弾性合金は熱による復元やゴムのようにしなる特殊な機能を生かし、さまざまな産業分野で応用されてきた。新規用途の開発や新合金の発見などで今後市場の広がりが期待される状況。材料としての将来展望を……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社